月別アーカイブ: 2018年4月

顏はメイクでごまかしも効きます

年齢は肌に出ます。

顏はメイクでごまかしも効きますが、肌はそうはいきません。

わかりやすいのは、目の下でしょう。

この部分はシワが多くなるし、クマが出現しやすく、またなかなか去りませんから、年を経るに従い、この部分に悩む人も増えていくようです。

それから、肌のハリ、ツヤが年を取るに従って少しずつ失われると、お肌がしぼんでいき、しぼんだ分だけシワとなってしまいます。

顔に限定しますが、どこの部位にできたシワで悩む人が多いかというと眉間に走る縦線、目の周りの細かいシワや目尻にできる笑いジワ、それからほうれい線、このあたりがメジャーです。

顏のシワには困ったものです。

できれば、消してしまいたい、と思ってしまいます。

さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。

できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策を行い、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。

さらに、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。

こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングにつながることにもなります。

小麦色の肌なら、元気で活発なイメージを持つものではありますけど、褐色の肌になりたくても、シミが多くなるのは避けたくて、どうしようという悩ましい一面があります。

シミを避けるのだったら、常日頃から気をつけて、お肌を焼かないようにするしかありません。

顔にシミが出来ないようにするコツは、日焼け止めを丁寧に塗布すること、また、おうちに帰ったらすぐさま日焼けの後用のローションなどを使って炎症を抑えてください。

ビタミンCの美白効果をねらって、レモンを輪切りにして顔にのせ、パックとすることが以前流行りましたが、かえってシミの原因を増やしてしまうので、絶対禁物です。

レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。

シミをできにくくする効果をレモンに期待するのなら、日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。

ここ数年のことですが、特に顔のしわがどうにも気になり、焦燥感を覚えています。

中でもつくづく困り果てているのが目尻にできたくっきりした笑いじわです。

目の周りの皮膚は他より薄くて、しわが発生しやすいところなので、スキンケアもしっかり施しているわけですが、皮膚が薄い場所は、乾燥に気を使ってやらないといけませんから、しつこいくらいにクリームを塗り重ねたりし、とにかく保湿を一番大事にするように頑張っています。

緑茶の茶葉は、カテキンを多く含んでいます。

カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの作用をいっそう高める働きをしています。

お肌のターンオーバーを盛んにし、白いお肌を保つためにはビタミンCを欠かさず摂りたいので、カテキンとビタミンCの両方を同時に体内にとりこんでいけば、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることをかなり抑えることができます。

皮膚にできたシミを気にしている人もたくさんいらっしゃる事でしょう。

肌にできたシミを薄くするのに効果があると言われる食材の一つにハチミツがあります。

はちみつが含んでいる成分には色素沈着したところが目立たなくなる効果があり、気になるシミとかそばかすなどを改善してくれます。

シミにお悩みの方は身近な食材であるハチミツという手がありますよ。

試してみるといいかもしれません。

気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々の仕事をこなしていたある日の事、鏡に映った自分の姿を見てひっくり返りそうになったのです。

目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労を突きつけられた気がしました。

この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰っても今日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、肌を守るためにできることをしよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。

柑橘類のみかんなどはビタミンをたくさん含んでいるのでシミやソバカスのないお肌を作るためには、食べてほしいものの一つです。

けれども、みかんを食べるタイミングには気をつけてください。

紫外線の刺激を受ける前にたくさん食べると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。

きれいなお肌をつくるために、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

スキンケア真っ最中にとあるインスピレーションを得ました。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわがあまりできないのではないか、ということです。

目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかが目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれどしばらく前から炭酸パックを始め、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃からしわがあまり目立たなくなってきたように思います。

キミエホワイトとホワイピュアだけでなく、炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。